三階建て住宅の特徴とは?建てる時のポイントや後悔しないためのポイントなどをご紹介

当サイトは三階建て住宅の特徴を解説しています。
建てる時のポイントや後悔しないための注意点などもご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。
三階建ての住宅は生活動線の確保が非常に重要になります。
快適に住むことが出来る家を建てるためにも、動線を考えて計画するのがおすすめです。
また三階建ての住宅は工期が長くなることが多いことは知っておきたいところです。
特徴を押さえて、プランニングに役立てて素敵な家を建てましょう。

三階建て住宅の特徴とは?建てる時のポイントや後悔しないためのポイントなどをご紹介

三階建て住宅を建てるかどうか検討しているという人もいるのではないでしょうか。
三階建て住宅を建てる際のポイントをご紹介すると、まず冷暖房効率が良くなるような間取りにするということが挙げられます。
住んでから後悔することのないよう、冷房や暖房が効果的に使えるかどうかを考えておくのがおすすめです。
また階段にスペースが多くとられがちですが、せっかくなら有効的に活用できるような階段のデザインにすることをおすすめします。

三階建て住宅のメリットは限られた土地を最大限に活用できるところ

三階建て住宅の最大のメリットは、限られた土地面積を最大限有効活用できる点です。
可能な限り住宅を縦方向に伸ばしたかたちが三階建て住宅ですが、土地の使用には法律適用されます。
法律を意識して問題なく三階建て住宅を建てることが、大切なことです。
「建ぺい率」や「容積率」、「道路斜線」や「防火制限」などは順守しなければなりません。
こうした法律については、専門の業者に質問をするべきでしょう。
三階建て住宅のメリットは他にも、家族構成の変化に対応出来るという点があります。
子どもが成長し、部屋の数が少ないという悩みを抱えることはよくあることです。
そんなときこそ、3階への建て替えを行い部屋を増築する必要があります。
フロアを目的に応じて使い分けることも、最近はメジャーな使用法になりつつあるものです。
1階はビルトインガレージ、2階と3階は居住スペースとして使用するという柔軟な発想もあります。
お店を構えるときにも使える方法です。

三階建て住宅のデメリットは階段の移動が大変なところ

三階建て住宅を建てる前に予想できるデメリットのひとつに、階段での昇り降りが大変というものがあります。
重たい荷物・食料品や洗濯物を毎日持ち上げるのは、確かに現実的ではありません。
三階建て住宅を建てるときには、こうした生活様式を考えスペースを設ける必要があります。
食料品などは1階の貯蔵スペースに、洗濯機は物干しと同じ2階または3階に設置するのです。
間取りを工夫することで、こうしたデメリットは小さくすることが出来ます。
ただし、家電製品の搬入などはやはり大きな手間となるでしょう。
そのためにも三階建て住宅の階段は、あらかじめどのくらいのサイズにするか把握しておく必要があります。
曲がり角があるのなら、搬入はより難しくなるものです。
サイズにマッチした家電を購入するか、もしくは家具は組み立て式のものを購入し、自分たちで家に運び入れたあと組み立てるという方法がおすすめです。
センサーで照明が灯る設備を設置するなど、昇り降りが負担にならない工夫をする必要があります。

三階建て住宅は家庭用エレベーターがあると便利

都会のように一つ一つの土地が狭い場所では、三階建て住宅が多く建てられています。
土地が狭くても三階建てなら部屋数が増えて、土地を効果的に使うことができます。
二世帯住宅にするにしても、三階建てなら1階部分を親世代、2階以上を子ども世代の部屋として使うことも可能です。
三階建て住宅ではリビングを2階に造っているところが多く、3階が子ども部屋や寝室に使われ1階がお風呂や洗面所などの水回りにする場合が多いですが、何階にどの部屋を造るにしても三階建て住宅は階段をたくさん使うことになります。
子どもが小さいうちの若い世代なら階段もそれほど苦ではないのですが、親世代と住むときや自分たちが高齢になったときに1階から3階までの階段を使うのは困難になってきます。
2階建て住宅の場合でも高齢になるにしたがって2階にはほとんど上がらなくなりますが、3階建ての場合は特に階段がきつくなるのでできればエレベーターをつけておくことが勧められます。
高齢になってから後でエレベーターを設置すると家を大改造する必要があり費用も掛かるので、新築の時に一緒に着けることが勧められます。

三階建て住宅は寒暖差が生まれやすく三階部分が暖かくなりやすい

三階建て住宅は寒暖差が生まれやすく三階部分が暖かくなりやすいので、フロアごとに温度調整を行う必要があります。
基本的に暖かい空気は上の方にいくので、それを考えて温度調整を行うと効率が上がります。
1階は比較的暖まりにくいですが、冬は床が冷えるので暖房対策は必須です。
1階は床暖房のような足元を暖める設備があると良いです。
床暖房はクリーンで地球に優しいですし、火事になることもありません。
最新の技術を採用した三階建て住宅であれば省エネ効果も期待できるので、長い目で考えると床暖房は積極的に導入したい設備になります。
三階建て住宅の2階は寒暖差が生まれにくく、比較的過ごしやすいフロアになりますが、真夏は少し暑いですし冬も少し肌寒さを感じます。
1階に人がいて暖房をガンガン使っていれば2階は暖かくなるので効率が良いです。
3階部分は夏は非常に暑いですしが、冬は結構暖かいです。
夏は下の階で過ごし、冬は3階で過ごすのもありです。

著者:中丸和樹

筆者プロフィール

愛知県名古屋市生まれ。
昨年憧れのマイホームを購入。
自分の体験をもとに三階建て住宅の特徴をまとめました。
名古屋で三階建て住宅を